晴れの日が続くだけでウキウキ!太陽光発電ファンドでお金儲け

太陽光発電ファンド?

太陽光発電ファンドは自分のお金で太陽光パネルを購入して設置し、発電した電気を電力会社に売って還元するという仕組みです。太陽光発電は太陽光の力によって発電されるので、晴天の日が続けばどんどん発電量が増えていきます。逆に雨や曇りが続けば効率良く発電できないので、ファンドという視点では苦虫を噛み潰したような気持ちになってしまいます。 ここで一つの疑問が思い浮かびますが、例え効率良く発電できたとしてもその電気を買ってくれる場所がなければ意味がありません。しかし太陽光発電ファンドの良いところは誰も買い取ってくれないという事態にならず、契約すれば必ず買い取ってくれるところです。なのでこちらが考えるのは、とにかく発電することだけです。

パネルの設置場所が大切

太陽光発電ファンドで効率良く儲けを得るには、太陽光パネルを絶妙な場所に設置することが大切です。難しいのは、例え良い場所が見つかったとしても他人の土地や売地など様々な状況を乗り越えないといけない点です。一番楽なのは自分の所有している土地でパネルを設置できることですが、なかなか上手くはいきません。 基本的には、開けた平野に設置するもので、山間部では山によって太陽光が遮られてしまいます。パネルにはなるべく長い間太陽光を当てたいので、日が昇ってから沈む直前まで当たっているのがベストです。 そして、日本は晴天日の多いエリアや雨が多いエリアが統計によって判明しているので、少し調べれば有利なエリアか不利なエリアか分かります。

© Copyright Energy Utilization. All Rights Reserved.